ONLINE! 通信教育「鵬玉居合スクール」WEBへようこそ!

単一団体の全国組織としては最大級、国際居合(いあい)道連盟鵬玉会(ほうぎょくかい)のオンライン 通信教育「鵬玉居合スクール」のサイトです。
鵬玉会の無外流居合を通信教育で学べます。「鬼滅の刃」「るろうに剣心」で日本刀に興味をもった方、小学生や中高生の部活の代わりとしてもあなたを歓迎いたします。

index
無外流とは
国際居合道連盟鵬玉会とは
通信教育「鵬玉居合スクール」とは
入門するには

ONLINE SHOP

※国際居合道連盟鵬玉会WEBはこちらから>>>

無外流とは

無外流(むがいりゅう)は、1680年に、剣聖宮本武蔵没後6年で生まれた流祖辻月丹(つじげったん)により開かれました。ときに辻月丹45歳。
元禄9年から宝永6年(1710年)まで14年間の誓詞によると、月丹の弟子は、万石以上の大名32家、直参156人、陪臣930人。この数字は押しも押されもしない、大名が学ぶ流派と言えるでしょう。
幕末には土佐の山内容堂、新選組三番隊隊長斎藤一などでも有名です。

新選組三番隊隊長 斎藤一

くわしくはこちら>>>

通信教育「鵬玉イアイスクール」とは

 その昔、講談社の週刊少年マガジンで一世を風靡した「空手バカ一代」(原作 梶原一騎先生 劇画つのだじろう/影丸譲也)。その連載中、始まったのが極真空手の通信教育「マス大山カラテスクール」でした。
 全国の極真カラテに憧れた少年たちがこぞって入会。一門のしるし、「極真会」の刺しゅう入りの空手衣は、特殊なステイタスとして少年たちの胸を躍らせました。

 その通信教育から始まり、大会で活躍したり、分支部長クラスになった人たちも大勢います。「近所に空手道場はあったけれども、極真ではなかった。たとえ通信であっても”ホンモノ”がいい、そう思った」と言います。実は鵬玉会会長や、熊本の近見道場長もそうです。かつてその門下で、今は鵬玉会一門のある会員は、若気のいたりで当時他流の空手道場に道場破りをしたそうです。(笑)
 しかし、9人を倒して10人目で相手のトップが出てきて道場の外に放り出されたとか。そのとき思ったそうです。「俺が学んだこの極真は本物だった」

国際居合(いあい)道連盟鵬玉会(ほうぎょくかい)とは

 そうです。その通信教育は本物の熱気にあふれていたのです。その武道に対する志を受け継ぎ、通信のノウハウを持つ武田会長による鵬玉イアイスクール。YOU TUBEを使い、動画のやりとりで稽古を続けていきます。会長による、オンラインのプレミアム指導。
 誰とも会わず、誰とも接触がない。しかし、全国どこにいても、一門の仲間です。

くわしくはこちら>>>

入門するには

1)無料カタログ・資料を請求・お問い合わせできます。

ご請求はこちらから>>>

2)クレジットカード決済なので、WEBで即日入会ができます。

(1) 入門誓約書を記入する
このWEB上の誓約書フォームに飛びます。

(2) 初期手続きご決済をする>>>
国際居合道連盟 鵬玉会 WEBサイトの入門手続きページに飛びます。

index
TOP
無外流とは
国際居合道連盟鵬玉会とは
通信教育「鵬玉居合スクール」とは
入門するには

ONLINE SHOP

※国際居合道連盟鵬玉会WEBはこちらから>>>